再建築不可物件で許される工事とは?

再建築不可物件で許される工事とは?

再建築不可物件は、建て替えることは認められていませんが、リフォームであれば実施することが可能です。
しかし、どのようなリフォームでも行えるわけではないので注意が必要です。
再建築不可物件で実施できるのは、建築確認申請が不要なリフォームのみです。
戸建て住宅のリフォームで建築確認申請が必要になるのは、10㎡以上の増改築工事を行う場合や大規模な修繕や模様替えを行う場合です。
大規模な修繕や模様替えとは、壁・柱・床・梁・屋根・階段などの主要構造部の半分以上を変更する場合を指します。
ただし、一般的な木造住宅で2階建て以下であれば、大規模な修繕や模様替えでも建築確認申請は不要です。
そのため、戸建ての再建築不可物件のほとんどは申請が不要で、スケルトンリフォームやリノベーションといった大規模なリフォームでも行うことが可能です。
なお、木造以外の2階建て以上の住宅で面積が200㎡以上の物件や、木造でも3階建て以上の物件の場合は申請が必要になるので、大規模なリフォームは行うことができません。

再建築不可物件のリフォームを検討する前に大切な事

マイホームは新築の一戸建てと言う考え方もありますが、現在では安く土地建物を購入して自由にリフォームして住む方も多いです。
近年では再建築不可物件を活用する方が多いです。
この再建築不可物件は更地にして新たに家を建てるという事が禁止されています。
使い勝手が悪いイメージですがその分相場よりも大分安く物件を購入できます。
自分の土地と建物を安く購入できるので、そこから住みやすい様に手を加える事で新築よりも安くマイホームを得られるとして注目されています。
この様に新築を購入するよりもお得ですが、一定の条件を満たしていないと手を加えられない場合も多いので、購入前にリフォームができるか確認しておく必要があります。
建築確認申請が必要な場合と必要ではない場合もあり、もし知らずに施行してしまうと違法建築となり最悪解体を迫られる事にもなります。
必ず検討している事が建築確認申請の対象になっているかを調べておく事が重要です。

著者:津島翠

筆者プロフィール

北海道北見市生まれ。
転勤を機に不動産について学びました。
この知識を生かして再建築不可物件について記事を書いています。