再建築不可物件の中でも安心できる物件はある?

再建築不可物件の中でも安心できる物件はある?

再建築不可物件は新たに建物を建築することができない物件であるため、現在の建物がどのような状態であるかは特に問題となる事はありません。
そのため、賃貸住宅などで再建築不可物件となっている場合でも、これを利用する際に不都合が生じる事は無いため、基本的にはその建物自体の状況を自分でしっかりと確認しておけば、安心して利用することができます。
再建築不可物件は様々な問題が生じると考えられていることが多く、また評価額が低くなってしまうことが多いことから、様々なトラブルが発生する危険があると敬遠する人も少なくありません。
しかしこれはあくまでも更地にした場合に新たに建物を建築し利用することができないものとなっているため、現状の建物はそのまま利用できることになっています。
またリフォームやリノベーションは特に問題なく行えるものとなっており、そのために賃貸住宅などでこれを利用する場合も、建物自体の状態が良ければ、安心して利用できるものとなっています。

再建築不可物件でも再建築が可能な方法とは?

再建築不可物件を所有してる方の中には、新たに建築できないとあきらめている方もおられるのではないでしょうか?確かに、このような物件は通常の物件と比べて建築しにくい状況にあります。
しかし、原因によっては再建築不可物件でも建て替えすることが出来ます。
まずは原因が接道義務を満たしていないことが原因で、再建築が出来ない場合です。
このような場合、敷地と道路部分の間に他人所有の土地が挟まっていることが考えられます。
このときの対処方針は、当該土地の所有者から全部又は接道義務を満たす部分のみを購入することです。
そうすると、接道義務に適合することになりますので、問題なく建築することが出来ます。
なお購入ではなく賃借しても建築基準法上は建築可能ですがあまりお勧めできません。
何故なら賃貸だと銀行の住宅ローンを利用しにくくなるからです。
一方、接道義務は満たしているが、接道している道路が狭いため再建築不可となっているケースもあります。
このような場合は、当該道路の幅員を法の基準に適合するようにセットバックすることによって建築可能となる場合もあります。

著者:津島翠

筆者プロフィール

北海道北見市生まれ。
転勤を機に不動産について学びました。
この知識を生かして再建築不可物件について記事を書いています。